読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛龍のスポーツ観戦日記5

こんにちは、飛龍です。

今回は最後に見に行った5回目の大相撲観戦について紹介いたします。今回も祖父の友人の紹介で維持員席に座ることができました。今回は前回から時代が進み朝青龍の時代がから白鵬の時代に変わりました。国技館に入る前に焼き鳥弁当を購入し席に移動しました。維持員席は飲食禁止なので上のたまり席に移動して弁当を食べました。新手目て国技館のお弁当はおいしいと感じました。そんなわけで相撲の話に戻りましょう。この時代では僕は臥牙丸というジョージア出身の力士のファンになりました。彼は大きな体を生かして相手を押し出す相撲が得意な力士です。しかし、その日は臥牙丸は残念ながら負けてしまいました。相手は時天空という四つ相撲の得意な力士で押し相撲を得意とする臥牙丸にとっては分が悪い相手でした。しかし、彼の取り組みを終えた後僕は国技館の席を出て出待ちをとこないましたそして臥牙丸をついに発見し握手を交わすことができました。その場所での彼は12勝3敗と好成績を収め来場所には小結に昇進しました。とても感動しました。夢のようでした。そして観戦の途中に力士の場所入りが行われ横綱白鵬の姿を発見しました。さすがの白鵬は歩き方にも綱の品格がありました。かっこよかったです。土俵入りでもまさに紳士綱の貫録を感じました。それには正直驚かされました。取り組みでも相手は若荒雄という新小結の相手でしたが少し突っ張りで押し込まれましたが最後は綱の貫録で勝利しました。さすがは白鵬だと感じました。またこの光景を見に行きたいと感じました。一度見るとたまりませんそれではまたお会いしましょう。